メインイメージ

高麗人参は自家栽培可能か

時代劇等でよく健康食品として用いられていることで有名な高麗人参ですが、具体的にどういった物なのか、また他の植物と同様に自家栽培可能か知りたい人は少なくないものです。
ですから、今回はそういう人たちのために高麗人参について簡単に説明した後、自家栽培について説明します。

まず、高麗人参とはどういったものかというと正式名称、御種人参、別称として朝鮮人参と呼ばれる野菜のニンジンとは異なるウコギ科多年草の植物です。
ちなみに、本来、人参(ニンジン)は高麗人参を指す言葉でしたが、日本人が江戸時代頃、勝手に野菜のニンジンを高麗人参と勘違いして覚えてしまったことと、高麗人参が医学の西洋化によって使われることがなくなって、現在の人参(ニンジン)が一般化してしまったので、それと区別するために高麗人参が現在の位置づけとなってしまいました。

高麗人参の効果、効能は血圧調整など様々ありますが、最も優れているのが他の漢方と混ぜ合わせることで、元にした漢方の効果を向上させることに最も優れています。
次に、自家栽培についてですが、基本的に中国、朝鮮半島でしか栽培できませんでしたが、1792年に日本での栽培が成功してからは日本で栽培することは可能で、自家栽培についても理論上は可能です。

しかし、国会議員や大企業、地方豪族などの大金持ち以外にはあまりおすすめしません。
この理由は、高麗人参は必要量の養分を得るために広大な土地を1年以上かけて耕してから、種を蒔かなければならず、成長するまでの期間も約1~6年の年月をかけて栽培するので、とても時間がかかります。
更に成長する過程でその土地の養分を全て吸い尽くすので、次回栽培するまでそれなりの月日がかかるという程コストがかかります。

ですから高麗人参を個人が家庭菜園などで栽培することは不可能といってよいでしょう。
最後になりますが、前述からわかる通り、高麗人参の自家栽培は不可能ですから、もし興味がある方はサプリメントを購入することをおすすめします。

トップに戻る