メインイメージ

国ごとに異なる高麗人参

古くから優れた薬効で知られ珍重されてきた高麗人参は韓国、中国からの生産量が豊富で中国では年間2000トンに及ぶといわれています。
高麗人参は一度収穫すると15年は同じ土壌で高麗人参を植えることが出来ないといわれてきました。

しかし、最近では高麗人参の栽培技術が発達し連続栽培も可能になってきたともいわれています。
また、日本でも長野県や島根県、福島県などで高麗人参の栽培が実施されています。
しかし、生産量は中国や韓国と比較すると300トンほどです。
日本で栽培された高麗人参は輸出され海外で流通します。
日本には中国や韓国の高麗人参が輸入されます。

このように、生産量が低いことから広く流通されていません。
そのため日本で栽培していることへの認知度は低く日本産の高麗人参が存在していることをご存知の方は少ないようですが、日本産の高麗人参は品質面では世界的に高く評価されています。

このように高麗人参は中国、韓国、日本で栽培が行われています。
栽培方法は大きく変わりませんが高麗人参の場合土の栄養素をすべて吸収して育っていきます。
そして化学肥料にはとても弱く、与えてしまうと枯れてしまう可能性もあります。
また、水はけの良い土づくりもとても大切なポイントです。
水はけのいい土は湿気を残しません。

高麗人参は湿気に弱いのできちんと水はけの良い土壌を作って上げることが大切になります。
この土壌づくりにもっとも適している環境は韓国の土壌が挙げられます。
この土壌で作られた韓国の高麗人参は、品質も良く栄養価が高いため世界的にも高級品として取り扱われています。
中国産は価格も韓国と比較すると安価で価格変動も起きにくいことが挙げられます。

ただし粗悪品や偽物が混在している可能性は否定できません。
日本産は価格も品質も良質なため安心して利用することができます。

トップに戻る