メインイメージ

高麗人参で強い胃腸になろう

高麗人参には、細胞の老化の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用や、血液をサラサラにして血管を拡張し肌の代謝を促進させるなどの効果があります。

その中に老廃物の排出を促進させる働きと内臓機能を正常化させる働きがあり、胃腸の働きを正常にしてくれる効果が期待できます。
食べた物を消化したり殺菌したりする器官である胃はストレスや刺激に弱く、長い間ストレスを受けていると胃潰瘍や胃炎などを引き起こすことがあります。
高麗人参には胃のストレス耐性を高めて調子を整える効果があるので、ストレスへの抵抗力が生まれて胃腸の動きが良くなります。

胃が痛いときに原因がわからずモヤモヤすることで、不快感が生まれて情緒不安定になることがストレスに繋がるという、負のループが出来上がってしまうので、高麗人参を摂取することでそのループを断ち切ることが肝要です。
また、第二の脳とも呼ばれる腸は、体内に送り込まれる栄養の吸収や排便を担う器官ですが、胃と同じようにストレスに弱いという特徴があります。
ストレスなどで自律神経に乱れが生じると腸の蠕動運動が弱くなり、栄養の吸収や排便などが阻害されます。

また、腸内環境が悪くなることで悪玉菌が増えて活発になり、悪循環が生まれるのです。
そこで、腸内の善玉菌である乳酸菌を増やす効果のある高麗人参を取り入れます。
便に水分を吸収させて柔らかくして排便を促すという効果もあるため、便秘に困っているときにも期待できます。
乳酸菌が増えると悪玉菌を鎮静化するので、大腸の動きが正常になるのです。

サプリメントなどで効果的に高麗人参を取り入れて、ストレスなどに負けない強い胃腸になりましょう。

トップに戻る