メインイメージ

高麗ニンジンの摂取を避けるべきひとたち

疲労回復、免疫力アップ、滋養強壮などに非常に効果があるとして、古くから漢方薬として親しまれている高麗人参ですが、この高麗人参は、誰もが服用しても大丈夫なのでしょうか?
高麗人参は、高麗人参という名前から、人参の仲間かなと勘違いされている人もいるかもしれませんが、全く別のものです。

高麗人参は、効果の高さから漢方薬とされており、副作用もそれなりに多いものでありますので、服用には、十分な注意が必要です。
まず、妊婦さんは避けるべきです。
高麗人参は血行を促す働きをしますが、血行が良くなることにより、同時に血圧もあがります。

血圧があがりすぎてしまうと、妊娠高血圧症候群を引き起こしてしまい大変危険です。
また、妊活中の摂取もおすすめできません。

妊娠に至り、着床後、血圧が高いことが原因で、流産してしまう恐れがあるからです。
妊娠に気づいた時点で、直ちに高麗人参の服用は止めるべきでしょう。
さらに、高麗人参には女性ホルモンと同じような働きをする作用がありますので、更年期障害には効果がありますが、妊活中や、妊娠中は、ホルモンバランスが乱れてしまいますので、避けるべきです。

また、乳幼児への服用も中毒症などの副作用の報告がありますので、避けた方が良いでしょう。
同様の理由で、授乳中の服用も、赤ちゃんへの影響を鑑みると避けるべきです。
高麗人参は、効果が高いために、副作用も伴うことを念頭にいれ、正しく効果的な摂取を心がけましょう。

トップに戻る