メインイメージ

万能の生薬、高麗人参

高麗人参は漢方医学で生薬として古来から利用されているものです。
使ったことはなくても、その名は誰もが知っています。

しかし、高麗人参が持つ効能を具体的にご存知でしょうか?漠然と、身体に良さそう、でも不味そう、そんなイメージがあるのでは無いでしょうか?高麗人参が何に効くのか?一言で言うと「何でも効く」と答えられます。
つまり万能の薬として利用していただけるのです。
高麗人参の成分で一番注目すべきはサポニンといものです。

サポニンは全身の代謝を活性化してくれます。
それにより、身体の期間の細胞分裂が盛んになります。

また代謝があがることで落ち着いた睡眠を手に入れることができ、疲労回復、精神の安定にも繋がっていくのです。
女性に多い冷えにもこのサポニンが最適です。
サポニンは血管を広げ、血流を良くし、身体を温めてくれる作用があります。
肩こりも、頭痛も、腰痛も冷えによるものが多いです。
何となく体調が悪い、疲れやすい、そんな方は高麗人参がおすすめです。
代謝が良くなる、血流が良くなる、これはつまり、美容にも良いということです。

お肌の新陳代謝が良くなり新しい細胞が作られることで、若々しい張りのあるお肌も手に入れられるでしょう。
しかし高麗人参は漢方のイメージが強く、毎日摂取するにはハードルが高いような気もします。
そんな方には、高麗人参のお茶をおすすめします。
普段飲むお茶やコーヒーを高麗人参茶に置き変えてみてはいかがでしょうか。

トップに戻る