メインイメージ

高麗人参の歴史

高麗人参は昔から万能薬として重宝されてきました。
中国は高麗人参の産地のひとつですが、中国4千年の歴史とともに古くから人々に愛されていたという記録もあります。
高麗人参の歴史を紐解いてみましょう。

高麗人参は中国や朝鮮半島では、古い歴史とともに人々の生活に親しまれ重宝されてきました。
中国4千年の歴史という有名なフレーズがありますが、高麗人参の歴史もそのくらい古いとも言われています。
生のまま食すこともできますが、補血強壮剤や漢方薬としても長く使われてきました。
今は日本国内でも高麗人参を栽培しているところもありますが、高麗人参が日本に渡ってきたのは8世紀だとされています。
高麗人参の持つ有用成分は希少価値の高いものとして、昔から有名だったので一般庶民には入手できないほど高価なものとして扱われていたようですね。
中国から献上されたものが日本で初めて確認された高麗人参ですが、種を持ち込み栽培するようになったのは江戸時代からだと言われています。
こちらの高麗人参の非常に長い歴史のページも参考になりますので是非ご覧ください。

高麗人参という名前から、日本でもお馴染みの食材のニンジンと同じ種類だと間違われることもありますが全く違うものです。
高麗人参はウコギ科で、日本でもお馴染みのオレンジ色のニンジンはセリ科になります。
高麗人参の姿形をイメージしてみましょう。
どことなく人の形に見えないこともないですね、これが高麗人参という名前の由来だとも言われています。

高麗人参を栽培しているのは、韓国、中国、日本ですが、栽培にはとても厳しい条件が必要です。
栽培して採取するまでに長い年月が必要ですし、同じ場所で繰り返し栽培できないので栽培も簡単にはいきません。
それぞれの栽培地で、高麗人参が育つための条件を揃えていますが、中でも韓国の気候や土地柄が一番高麗人参栽培条件が整っていることもあって、韓国産の高麗人参は高値になる傾向があります。
高値ではありますが質の良さを重視するなら、韓国産の6年物を選んでおけば間違いないでしょう。

高麗人参には部位や加工方法で使用目的も変わってきますので、使用目的に合った加工をしているものを選ぶのもポイントですね。
加工方法で有用成分の含有量も変わってくるので、ここは覚えておくと便利です。
神経症やうつ病に効果的な高麗人参についての解説ページも是非ご覧になってみてください。

トップに戻る