メインイメージ

「6年根」が最上級

高麗人参は種を植えてから栽培できるまでに、最低でも4年かかります。
1年目から等級は付きますが、商品価値が出るまでには3年以上経過しているものが最低条件になります。
こちらにも六年根の高麗人参についての詳しい解説がありました。是非ご覧になってみてください。

1年経過した状態でも根は付きますが、まだ細く弱いので商品としては使い物になりません。
2年目のものも同じようにまだまだ、高麗人参としては一人前ではありません。
種を植えてから3年目~4年目で初めて花が咲きます。
このころになると、高麗人参としての有用成分も徐々に増えていくのでやっと一人前の高麗人参として認められるようになります。
市場に出回っている高麗人参や、高麗人参の商品のほとんどが4年物~5年物です。

6年間大切に育てた高麗人参は、最も高級な高麗人参とされています。
同じ高麗人参でも価格が全く違う場合は、6年物を最高級品としているからです。
4年物、5年物、6年物では大きさも違いますし、根に含まれる有用成分の含有量も異なってくるので価格にも違いがでるのですね。
こちらの高麗人参の選び方についての詳しい解説も是非ご覧になってみてください。
一応6年物は高麗人参の中でも一番等級が高く、価値も高いとされています。
だとしたら6年以上経過した物の方が、さらに希少価値も高まるのでは?と思いますね。
しかし7年以上になってしまうと、高麗人参自体が弱くモロクなり有用成分も減ってしまうため6年が限度とされています。

高麗人参をそのまま丸ごと乾燥させたものもありますし、サプリメントや健康食品に加工しているものもあります。
同じ種類でも価格に差がある場合は、何年物の高麗人参を使用しているかも確認してみるといいでしょう。
含有量や使用している部位によっても違いが出るので、一概には言えませんが高いものほど6年物の高麗人参を使用しているはずです。
有用成分もMAXの時期なので、より良い高麗人参を選びたい場合は6年物を条件にさがすといいですね。

ただし6年物の高麗人参を使用しているにもかかわらず、驚くほどの格安価格で販売しているものもあります。
高麗人参は長い年月をかけ、土に含まれる栄養をたっぷりと根に吸収していきます。
そのため同じ土地で繰り返し栽培すると、土の栄養が失われるので有用成分の低い高麗人参になってしまいます。
年数だけでなく、価格も基準にして選ぶと安心です。
こちらの高麗人参ができるまでの解説も、とても参考になります。

トップに戻る